復縁工作の成功率という数字の曖昧さ

復縁屋を探す時には、どうにかして高い成功率を誇っているところを探したいと思うものです。ただ、復縁工作に関しては、成功率という数字はあまり意味を持ちません。なぜなら、案件一つ一つで全く異なるため、全て同じ条件の下での確率ではないからです。にも関わらず、多くの人がこの成功率を気にしがちになるのです。

成功率は確率ではない>パーセンテージを見ると、ついつい確率という考えで物事をみてしまいがちです。例えば復縁工作の成功率が50%だとします。すると、2人に1人は成功するのだから、可能性があると考えがちです。でも、本来確率というのは、施行するものが全て同じ条件下であることで出される数値です。ただ、復縁工作に関しては、当然人にとって、状況も違えば、何を持って成功なのかという点すら違うこともあります。例えば、復縁屋がほとんど手助けをしなくても復縁するだろうという人もいれば、何をやってもムダだろうという人もいます。それらを全て加えての成功率なので、新しく相談する人にとっては何の意味もありません。だから、公表されている成功率を元に考えることはやめましょう。あくまで自分が復縁できる可能性がどれぐらいなのか、客観的に判断したり、復縁屋に判断してもらう方が賢明です。

<成功率の高いところで頼む方がよい>とはいえ、成功率が高いところというのは、それだけ成功例を多く出している可能性もあります。もちろん、公表しているパーセントが全て事実であるということを前提ではあります。中には、ただお客様を釣るために虚偽の数字を出しているところもあるため、その辺の判断は難しいでしょう。ただ、もしその成功率が事実だった場合、そこは復縁させる手法をたくさん持っている可能性があります。先ほどは個人個人の案件を見極めなければならないと説明しました。ただ、その上で実績のあるところに頼むのは、ある意味妥当な選択だということです。成功率をベースに話を進めていくのはおすすめできませんし、極力辞めた方がよいでしょう。ただその数値が事実だとすると、復縁屋選びの材料にはなるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です