できれば避けたい!こんな時に相手が離婚を決意することが多い!

残念なことに結婚をしているカップルが、そのまま生涯家族でい続けるとは限らない世の中です。

少しでも永く家族でありたいと考えるのなら、どんな時に相手が決意して離婚話を切り出されることが多いのかを知っておく方が、離婚を回避できるかもしれません。

■離婚を決意する不協和音の始まりは妻側、夫側によっても違う

幸せな結婚を夢見て誓って結婚をしたふたりのはずなのに、いつの間にか離婚問題へと発展してしまうご夫婦も多いです。

離婚を決意するに至るまでの流れも、離婚を考える立場が妻側、夫側によっても多少違ってくるようです。

妻側の離婚を決意する理由で多いものは、会話が無いとか話が弾まないなどの日常生活での不満、夫が浮気や不倫をしていることを知ってしまい婚姻関係が続けられない、お互いの価値観の違いなどもあってケンカが絶えなかったり言い争いばかりなどが多くなったなどが理由としてあげられるようです。

反対に夫側の離婚を決意する理由で多いものは、性格が合わないことにだんだん気づき不一致と感じるようになった、家には夫の居場所がなくて安らげないと感じるようになった、妻の情緒が不安定ですぐにキレたり怒りっぽい、また夫婦関係の継続が子供にも悪影響を及ぼすと感じるなどがあげられています。

ご夫婦の性格や婚姻期間、お子様の有無、家族形態など他にも離婚へと発展する要因は違ってくるでしょうが、離婚への黄色信号を何となく感じている方は、一度、ご自分のご家庭と照らし合わせて参考にしてみるのも良いかもしれません。

■初心に戻ってお互いの希望に添うような家庭を築く努力をしていく

妻側はいつまでも女性でありたいし、パートナーには優しさを求めます。

反対に夫側は、頼られる存在であり続けて家族からも尊敬されたいと感じる方が多いそうです。

このような妻や夫に多い特性を活かすことができる家庭生活をお互い再構築できれば、一度は関係に黄色信号が灯ることがあっても、また安定の緑色へと戻っていく可能性は充分あるでしょう。

どんなに幸せな結婚から始まっても、離婚へと進んでしまう場合もあります。

ご家庭がどんな状況の時に相手から離婚が切り出されることが多いのかを知っておくと、自己反省や改心へのきっかけにもなりますので、離婚を避けたいと思う方にはおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です