パートナーの不倫がわかっても離婚をしないと決めたなら

信じていたパートナーが不倫をしていると知った時には、大きなショックを受けてしまう人が大半です。

それでも悩んだ結果、離婚はしないと決める人はどのような人が多く、その後はパートナーとどんな風に接していけばよいのかを考えてみます。

■経済的な理由で離婚を思いとどまる人は多い

夫側が不倫をしていることが分かったとしても、妻側が経済的にしっかりと自立している方ばかりではないですので、離婚と同時に経済的な問題がのしかかってくる予想をして、あえて離婚をしないと考えることは多いです。

子供を学校に通わせ、生計を保っていくことを考えると離婚は簡単なことではありません。

慰謝料や養育費などで生計を立てていく方法もあるかもしれませんが、全ての法的なことが成されているとも限らないですし、永く専業主婦であった場合には、改めて仕事に就いて働くことでさえ難しい世の中です。

今の生活水準を保っていきたいと考えている場合には、少なくともその計画ができるまでは、離婚話に進まないことが多いでしょう。

■家族のために離婚をしない人もいます

家族の状況によって、離婚を思いとどまる人もいます。

特にお子様がいる場合にはその年齢や多感な時期などを考慮して、不倫をされても離婚はしないと決心することがあります。

この場合は、自分の感情だけで今の家族をバラバラにさせたくないという気持ちが強く、ご自分が我慢をすることで他の家族を守っていきたいと考えるわけですから、これも家族愛の成せることでしょう。

■離婚はしなくても不倫をされた問題には向き合う

たとえ時間がかかっても、パートナーが不倫をしたという事実は重く受け止めて、話し合いの余地があるのなら話し合いをする方が良いでしょう。

離婚はせずに今後も人生を共にすると決めたのであれば、気持ちに蓋をするだけではなく、不倫に至ってしまった理由や不倫をされてどれほど傷付いたかなどをお互いに話して、お互いに歩み寄るきっかけにすることができれば、この問題を乗り越えるための力になることでしょう。

不倫問題がご家庭に起きても、離婚を選ばない人もいらっしゃいます。

経済的な理由、家族のためなどそれぞれのご家庭による理由はありますが、この問題をきっかけにして、お互いにきちんと向き合って話し合いができる関係になると乗り越えることもできるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です