不倫を離婚のきっかけにしない方法

離婚理由の中に多い不倫。今は男性だけではなく、女性の不倫も増えていると言われています。不倫をされている方の中には今の結婚相手の離婚するつもりがない方もいますよね。不倫しながらも離婚されないようにするためにはどうしたら良いのでしょうか。

■不倫を秘密にしておく

早い方法は不倫が結婚相手にばれない・ばらさないことですよね。結婚相手が知らなければ、離婚されることはありませんが、簡単そうに見えて、意外と難しいです。相手と会っている証拠が色々残っています。

まず、相手との連絡手段である携帯電話。相手とのやりとりが残っていますよね?これを見られてしまうと相手にばれてしまいます。でも、携帯電話を見られないようにするためにずっと持ち歩いたり不自然な行動を取ってしまったりすると、それはそれで怪しいですよね。見られず、かつ自然な行動が求められます。携帯電話以外にもハンカチやティッシュなど普段、持ち歩かないものを持っている、服の趣味や食べ物の好み、髪や体からの香りの変化など、ちょっとしたことでばれる可能性は高いです。

また、不倫をしたという罪悪感からご自身からばらされる方も多いです。その場合は相手が許してくれない場合も考えておきましょう。許すか許さないかは相手の気持ちです。不倫した側からはどうにもできません。ご自身が離婚をしたくないのであれば、秘密にしておくことも大切だと思います。

■普段からお互いに感謝の気持ちを忘れない

不倫をしていなくても離婚するケースも増えています。一緒に生活しているのに相手の気持ちを感じられない場合です。家事や育児を手伝ってもらえない、話を聞いてもらえないなどこれも毎日ではちょっとしたことかもしれませんが、積もりにもると爆発してしまいます。不倫をしていても、結婚相手には感謝の気持ちを忘れず、持っておくことも大切です。

不倫は離婚のきっかけになります。結婚相手と離婚したくないのであれば、不倫をやめることも大事な選択肢の1つです。ご自身が大切な人は誰なのか、この機会にもう一度考えてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です