男女で違う!?離婚を決意する理由

離婚を決意する理由は色々あります。でも、実は男性と女性で離婚を決意する理由に違いがありました。今回は男性、女性で違う離婚を決意する理由をお話します。

■夫の離婚を決意する理由

男性が離婚を決意する理由で特徴的なものは家族や親族との関係性です。嫁姑問題もありますが、妻の家族や親族との関係も離婚理由に入ります。夫婦ともに自分の両親が高齢となり、介護が必要となった場合、負担になりますよね。自分の親のことで頭がいっぱいで、相手の親のことまでは考えられないということもあるかもしれません。

■妻の離婚を決意する理由

女性が離婚を決意する理由では家事・育児などの家庭内でのことや経済的なことが多いです。今は共働き世帯も増えてきましたが、家事・育児などは分担されず、妻がやっていることが多いのではないでしょうか。そうなると妻の負担が増えますよね。積もりに積もって、ある日突然、離婚ということも考えられます。

また、夫が趣味やギャンブルにお金を使ってしまう、生活費を渡してくれないという経済的な理由も多いようです。男性側からすると結婚前とお金の使い方はかわっていないだけかもしれませんが、結婚後は共同生活になります。その上、子どもが増えればお金もその分かかりますよね。結婚前と同じ金銭感覚では結婚生活を続けていくことは難しいかもしれません。

■男女共通の離婚を決意する理由

男女別の離婚を決意する理由をお話しましたが、共通の理由ももちろんあります。最も多い理由は男女ともに性格の不一致です。一緒に住んでみると思っていた生活とは違った、子どもが生まれたことで、今までの生活とはかわってしまった、などちょっとした価値観のすれ違いが離婚へつながります。

大切なことは日々の生活の中で相手の気持ちを感じられるかということではないでしょうか。お互いにお互いを思いやる気持ちや感謝の気持ちを持っていれば、価値観のすれ違いも解消でき、より良い結婚生活を送ることができると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です