不倫で離婚を考えるときに知っておきたい専門家

不倫による離婚には慰謝料や子どもの養育費のことなど色々と複雑な問題が絡んできますよね。そういうときは専門家を頼ってみてはいかがでしょうか。今回は不倫で離婚を考えるときに知っておきたい専門家をご紹介します。

■法律を元に文書を作ってくれる専門家、行政書士

法律関連では弁護士が有名ですが、不倫や離婚などに関する文書は行政書士も作成することができます。自分たちで解決でき、法律に基づいた契約書や示談書などの書面のみが欲しい場合は行政書士へ依頼することも可能です。行政書士へ依頼をする場合は不倫や離婚に詳しい方を探してみるといいですね。

また、行政書士の中には必要となれば、弁護士を紹介してくれる方もいるそうですよ。最初は相手への交渉が必要なかった場合でも、途中から交渉がうまくいかずに弁護士が必要となる場合も出てきます。色々な状況に合わせてサポートが受けられるのは嬉しいですよね。

■不倫の証拠をつかんでくれる専門家、探偵

パートナーが不倫をしているかもしれないと思ったときには不倫の証拠をつかんでくれる専門家、探偵がいます。相手の不倫の証拠があれば、離婚するときに優位になることは間違いありません。探偵は法律で優位になる証拠も知っているので、決定的な不倫の証拠をつかんでくれます。また、パートナーには顔が知られていないため、証拠がつかみやすいです。ご自身で調べてみることも1つの方法ですが、専門家に任せると決定的な証拠が短い時間でつかめる可能性が高くなります。探偵事務所によっては、弁護士とも連携されているところもあり、その後の交渉もスムーズに行えるかもしれません。

色々なシュチュエーションによって、どの専門家に依頼するのかがかわってきます。ご自身がどのように離婚を考えているのか、進めていきたいのかを考えてみるといいですね。専門家を上手に活用して、少しでもスムーズに不倫による離婚の問題が解決してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です