不倫相手がいつまでも離婚を決意しないのはなぜ?

既婚者と不倫関係になってしまい、いつかは妻と別れるつもりとの言葉を信じ、ズルズルと関係を続けている人も多いのではないでしょうか。
不倫をしている人は多いですが、ほとんどの不倫カップルは関係が進まないまま別れてしまうことが多いようです。
不毛な時間を過ごしてしまわないよう、不倫関係になった場合は相手が本気で離婚するつもりがあるかどうかを見極めなくてはなりません。

■不倫相手には愚痴を聞いてほしいだけ

自分に対して甘い愛の言葉をささやく一方で、妻の悪口をいう既婚男性も少なくありません。
自宅でないがしろにされている場合や、妻とは長い間セックスレスだ、子どもがいるから別れられないなど、妻に対する不満を聞かされている人も多いことでしょう。
不倫相手の話を真に受け、ひどい妻だと思っている人もいるのではないでしょうか。
しかし、実際には妻に対する愚痴を述べているだけで、本心ではそれほど不満に感じていない男性も多いようです。

■不倫相手が離婚を決意できない理由

いつまでたっても不倫相手が妻と別れないのは、さまざまな理由が考えられます。
主な理由として考えられるのは、そもそも妻と離婚する気がないということです。
不倫相手には妻の不満をいいながらも、本心では妻や子どもを大切に思っており、不倫相手とはその場限りの遊びと考えているケースも少なくありません。
不倫相手に妻との離婚をちらつかせ、愛しているのは君だけだなどと甘い言葉をいう男性も多いですが、自宅に帰ったら良き夫に豹変することも多いようです。

■不倫相手が離婚する可能性は低い?

とはいえ、実際に家庭がうまくいっていない既婚男性もいます。
妻との関係が修復できない場合は、離婚する可能性も高いでしょう。
それまでの間、不倫相手がしっかりと支えてあげていたら、離婚を決意する可能性もあります。
しかし、離婚へと気持ちを固めていても、妻の気持ち次第で離婚を取りやめる男性も少なくありません。
不倫相手の気持ちより妻の気持ちを優先させる男性が多いため、あまり期待しないほうが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です