不倫から離婚にいたるきっかけとは?

既婚者が配偶者以外と肉体関係をもつことを一般的に不倫といいます。
不倫をされた側、不倫をしてしまった側、どちらでも問題になり、離婚のきっかけになってしまうことがあります。
どのようなケースで離婚になるのか紹介していきます。

■不倫をされた側の離婚にいたるきっかけ
配偶者が不倫をした場合、子供の有無にもよりますが、不倫をされたのがきっかけで離婚が頭をよぎっても、離婚により子供が受ける影響や子供に必要な養育費などを考えて離婚を踏みとどまる人も少なくはないようです。
子供に愛情が向かうので、不倫をした配偶者のことは気にする余裕がなく、我慢できるということもあります。
しかし子供が自立してしまっている場合は、自分を不倫という行為で裏切った配偶者とこのままふたりで生きていくのに嫌気がして離婚を選ぶことが多いようです。
子供のために離婚を我慢していた配偶者は、子供の自立をきっかけに我慢をする必要がなくなります。
このように配偶者の不倫がきっかけですぐには離婚にはならない場合でも、不倫が決して許されたわけではなく、どこかで再び離婚を考える人が多くいることも少なくないのが事実のようです。

■不倫をした側の離婚にいたるきっかけ
配偶者がいるのに自分が不倫をしてしまった場合は、なぜ不倫をしてしまったかも関係するようです。
夫婦の間が冷え切ってしまっていて不倫に及んでしまった場合もありますし、家庭には大きな問題がないのに一時的な気持ちの弱さからの間違いという場合もあります。

離婚を考える場合は、配偶者よりも「不倫相手が好きになってしまった」「不倫相手の子供ができてしまった」などが離婚を考えるきっかけになるようです。
また不倫相手女性だった場合、女性から妊娠を聞かされて離婚を迫られるという場合もあるようです。
しかし、不倫した側から離婚請求が認められないのが一般的なようですので、すぐに配偶者と離婚をしたいけれど、なかなかできないということになります。

■不倫がきっかけになった離婚願望は沈静化しても再び沸き起こる可能性が高い
不倫から離婚にいたるきっかけには家庭事情もありさまざまな理由があげられます。
不倫された側は今すぐにではないが不倫を許せたわけではなく、いつか再び離婚を考えるようになるなど、よほど相手を許せる理由がない限りは、不倫は離婚のきっかっけになるといっても過言ではないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です