離婚を決意する原因は?離婚までの進め方は?

結婚が人生の大きな節目になるように、離婚もまた、人生の節目のひとつになります。
結婚生活が人それぞれあるように、離婚をする決意のもそれぞれの理由があります。
どのような理由から離婚を決意したのか、決意したあとのことなどを紹介していきます。

■離婚を決意するにいたるさまざまな理由
離婚を決意するにいたった原因の多くに、性格の不一致が挙げられるようです。

性格の不一致といっても妻側は夫と精神的に支え合えないという不満が多いのに対して、夫側はプライドを認めてくれないのが不満となり、離婚を決意する方が多いようです。

その他には妻側の理由として、夫の両親や親せきとの関係、夫からの圧力、暴力などが挙げられます。
特に、夫の両親や親せきとのトラブルについては嫁姑問題のほか、孫への干渉などがあり、妻が夫に相談しても親身になってくれず、我慢を重ねてついには離婚を決意する例が少なくありません。

夫側の理由としては性格の不一致以外に、性生活の不一致や妻の金銭感覚などがあります。
夫からの夜のお誘いを妻が拒み続けると、他の女性に…ということになってしまうようです。

■離婚の決意が変わらないなら
お互いに話し合っても夫婦関係が改善されない場合は、やはり離婚を決意してしまいます。
離婚を決意したらまずは配偶者に離婚をしたいことを伝えねばなりません。
離婚届けは相手の印が必要となりますので、離婚の意向を相手に伝えられないと自分だけ決意しても話し合いが進展していかないからです。

相手の承諾が得られたら、養育費、親権、財産分与などのことを決めます。
相手の承諾が得られない場合には別居の選択肢もありますし、相手が不倫している場合には不倫の証拠をつきつける、調停の申し立てをするなどの方法があります。
子供がいる場合には、養育費や面会などの話し合いが大切になりますので、子供にさらなる負担をかけないよう、しっかり話し合うことが必要です。

■離婚を決意したら離婚後のことをしっかり決める
話し合いが実を結ばず、離婚を決意したら、まずは配偶者に離婚をしたいことを伝えることから始めましょう。
応じてくれない場合は時間が多少かかりますが、これからのことを考えてしっかり離婚後のことを決めていくことが大切になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です