離婚を決意するのはどんなとき?

離婚にはさまざまな手続きが必要で、面倒なタスクが多数発生することになります。
恋人どうしであればお互いが別れを了承すればそれですみますが、一度結婚してしまうと別れにはかなりの労力が伴うのです。
それでも別れたいと思い、離婚を決意するのは一体どんなときなのでしょうか。

■女性が離婚を決意する主な理由

・性格の不一致
性格が合わないと感じることが、離婚を決意する理由としてもっとも多いのだそうです。
ひとつひとつは些細なすれ違い、ちょっとした価値観の違いであるはずですが、少しずつ積み重なり一緒に暮らしていくことに耐えられなくなるのでしょう。
コップに溜まった水が溢れるように、相手に言われた何気ない言葉、ちょっとした態度や行動が我慢できなくなるきっかけとなるようです。

・夫からの暴力
暴力に耐えられず離婚を決意する人も多いようです。
他の人の目が届かない場所で行われる家庭内暴力はエスカレートしやすく、自分はもちろん子供の身が危ないと感じて離婚を選ぶことになります。

・お金のトラブル
近年は共働きの夫婦も増えており、夫だけが家計を支えている家庭は減ってきています。
ですが夫の方から生活費が満足に渡されなければ、少なくともお金の面では、一緒に暮らしても負担しかありません。
自分ひとりで生活していく方がいいと感じて離婚を選ぶようです。

■男性が離婚を決意する主な理由

・性格の不一致
女性と同様に性格の不一致から離婚を決意する男性も多いようです。
結婚するとなると長い時間を共に過ごすことになりますから、恋人時代には気付かなかった価値観のズレや嫌な部分に目が留まってしまうのでしょう

・配偶者の不倫や浮気
妻が不倫や浮気していると発覚したことが離婚を決意する理由となることも多いです。
女性の場合この理由は離婚する理由の上位には入っていません。
男性にとっては、明確に裏切られたと感じることが離婚を決意するトリガーとなっているのかもしれません。

■離婚に関する悩みは電話相談

離婚するべきか迷っている、配偶者が離婚を考えているのではないかと不安に感じるなど、離婚に関する悩みは電話相談がおすすめです。
世間体や周囲の目を気にせず利用できる電話相談なら、素直に悩みを打ち明けられるはず。
ひとりで悩まず、ぜひ試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です